資料請求
リフォームに不安を感じていたらまずは資料請求をしてみてください。
リフォーム施工エリア
高知市(春野含む全域) いの町 土佐市 南国市 香南市(野市含む全域) 香美市(土佐山田含む全域)
高知ランキング

Archive for 8月, 2011

キッチンビフォーアフター・・・【キッチン・ダイニングリビングリフォーム工事】 土佐市 F様邸

こんにちは!

ハートリフォームです。

 

今回は、土佐市のF様邸のリフォームのご紹介です!

F様は前にリフォームのお打合せをさせて頂いていたのですが、ご不幸があり、一旦打合せは中止させて頂いていました。

 

そして、今回、再度私どもへご連絡いただき、リフォーム工事をお任せ頂けることとなったのでした。

覚えていて頂いて、すごく嬉しかったです。

 

【ビフォー】

 こちらがいま、リビング兼ダイニング兼キッチンとして使われているお部屋です。

つまりLDKなのですが、設計上はおそらく広めのダイニングキッチンを想定されていたのでしょう、部屋の広さは10畳ほどでした。

その微妙な広さは、ダイニングキッチンとしては広すぎるし、LDKとしては少々使い勝手が悪い、帯に短しタスキに長しといった状態でした。

 

 

 こちらはキッチンのビフォーです。

キッチン自体は綺麗に使われていて、コンロもIHヒーターが入っていました。

あんまり綺麗なので、この既存のキッチンをそのまま使いますかと提案もしたのですが、やはり、リフォームをするなら新しくしたいとのことでした。

 

この部屋は、先ほどの写真のダイニングキッチンの隣の和室です。

最近のお客様には多いのですが、キッチンやリビングに隣接する和室は、結局あまり使うことがなく、リビングをもっと広く使えばよかったとおっしゃいます。

そこで、この部屋にカウンターキッチンとダイニングを作り、先ほどの写真の部屋は完全なリビングにして、新しい、ダイニングキッチンと、リビングは続き間としても使えるし、将来仕切ることもできる間取りにするようご提案させていただきました。

 

すると、大変気に入っていただいて、そのプランで決定して頂きました! 

 

 

 こちらは、既存のキッチンの裏側の出窓です。

ご主人様のご要望でここは掃き出し窓に交換する予定になりました。

 

【アフター】

                   

ここからリフォーム後の写真です!

これは、元のキッチン側から元の和室側へ向けて撮った写真です。

リフォーム後は、和室が対面キッチンに変わっています。

キッチン内は少し暗くなってしまいましたが、きっちりとキッチンスペースが区切られて、来客があっても中を覗かれることはありません。

その代わり、ダイニングとリビングは窓の光がふんだんに入ってくるようになって、とても明るくひろびろしています^^

 

これはさっきの写真と逆から撮った写真です。

ご主人様のご提案の掃き出しまどから明かりがいっぱい入ってきています。

窓を開けると風もたっぷり入って気持ちが良いです!

 

キッチンの中です。

前後の幅をたっぷりとって、将来ご子息のお嫁さんと一緒にキッチンに立っても大丈夫です!

 

 

明かりがたっぷりです^^

このフローリングはワックス掛け不用で、元々ピカピカなんです。

滑りやすそうに見えますが、実際はちゃんと滑りにくい加工がしてあるし、車椅子で通っても傷がつきにくいんですよ!

当社のリフォームでは大人気のフローリングです。

 

カウンターキッチンを正面から見たところです。

奥様が長年の夢がやっと叶ったとおっしゃってくださって、私達もすごく嬉しかったです。

 

 全体的に収納が少なくなってしまったので、ダイニングの一角に作った収納です。

棚を自由な高さに付けれるようにして、スペースを有効に活用していただけるようにしています。

 

出窓を掃き出しにしたところを外から撮った写真です。

少し外壁を壊さないといけなかったので、壊したところの色がどうなるか心配でしたが、塗装職人さんが上手にわからないように仕上げてくれました。

 

F様ご夫婦お二人とも大変喜んでくださって、私もF様のリフォームに携わることができて大変良かったです。

F様、ありがとうございました!

 

高知県(高知市,南国市,土佐市)周辺でのリフォームは、ハートリフォームにお任せください!
ハートリフォームのホームページへはこちらから

完成!・・・【キッチン・トイレ・玄関他リフォーム工事】 高知市 U様邸 3

以前の記事はこちらからご覧ください。

台風通過・・・【キッチン・トイレ・玄関他リフォーム工事】 高知市 U様邸 2

 

みなさま、こんにちは!ハートリフォームです。

お盆に県外に出ているお子様たちをリフォームした家で迎えてあげたいとおっしゃっていたU様。

果たして間に合ったのでしょうか?

 

 今回リフォームする箇所は、元々U様のお父様やお母様がお暮らしになっていた立派なたたずまいの和式建築の母屋でした。

U様御自身は、その母屋に増築してあった部屋に押すまいだったのですが、長らく母屋を使わないうちに、母屋がかなり荒れてしまっていたので、今回思い切って母屋を大規模リフォームしてそちらに住むことにしたのでした。

 

写真のように、元々キッチンに使っていた場所も、少々荒れてしまっていました。

そのキッチンが・・・

 

 

 こんなに綺麗になって生まれ変わりました。

木枠だった窓も、ステンレスのサッシに変えています。

元々下がり屋根の天井の下についていたキッチンは、そのままでは換気扇フードが取り付けられないので、別の場所にと考えて見ましたが、やはり、元々の位置以外に置くと使い勝手が悪いとのことで、換気扇フードのパネル等を手作りなどにして、下がり屋根の天井の低さに対応しています。

 

 今度は、そのキッチンから段が付いて居室になっていた和室です。

昔の和風の家、特に農業をされていた家によくあるのですが、キッチンは土間で、そこから食事などができる部屋に段差を上がって入ることができるようになっていました。

 

実は、私の実家の家もこんな造りで、祖母やお客さんがその段差に座って話をしたりしていました。

 

ですが、農業をしていない、U様にとっては少々使い勝手がよろしくありません。

段差を完全になくしてしまうために、キッチンの床を和室に合わせてしまうと、今度はキッチンの天井が低くなりすぎてしまいます。

 

そこで、キッチンの床は半分だけあげました。

 

 そうすることによって、和室は洋室にすることによってリビングへ。

キッチンも洋室にしているので、ダイニングになりました。

この2部屋は、部屋として独立もしているけど、空間はつながっているので、リビングダイニング感覚でひろびろと使うこともできます。

 

将来、建具で仕切って、2部屋として使うことも考えているそうです。

 

 

 さて、U様邸で一番心配だった、屋根工事。

台風に見舞われたり、予想以上に雨漏りと浸水の被害が大きかったりしましたが・・・

 

 

 こちらも無事終了しました。

木材も交換して、すっかり綺麗になっていますね。

これは、瓦職人さんだけではできず、大工さんと瓦職人さんのコンビプレーでリフォームされていました。

数年かかりますが、いま新しい木材は、時間がたつことによって、陽に焼けていい風合いを出し始めるでしょう。

 

こちらはトイレです。

元々、小便室と、和式の大便室の2部屋が縦に並んでいたものを、つなげて洋式の便器を取り付けています。

昔の家だと、この造りが多いので、よくやる工事の1つですね。 

 

 

こちらは、主玄関です。

U様御自身は、もうひとつの玄関から出入りされるのですが、やはりお客様をお迎えするのは、このご立派な玄関から入っていただきたいことでしょう。

実は、先ほどの屋根の下がこの玄関にあたっていました。

 

雨漏りしている箇所の天井や壁は、砂壁が剥げたり、木材が腐ったりといった状況でした。

床も立派な木材が使ってあったのですが、やはりかなり荒れていたので、そのままでは使えない状況でした。

 

なので、床は桧の無節の板を使って張り替えて、天井も張り替えました。

工事項目にはなかったですが、柱などもできるだけ磨いたりして、綺麗にしました。

 

こんなに綺麗になったのですが、周りの時間が経った木材とは色がちょっとあいませんね><;

本当は、床に塗装で色をつけてもよかったのですが、そうすると、床が陽に焼けなくなります。

将来の風合いを目指すためにも、無塗装で、いまは新しい色目を、将来は焼けた風合いを楽しんでいただこうということになりました。

 

 

 そして、工事は無事、お盆に間に合いました!

後日、ご訪問したときには、息子様もご一緒にリビングで寛がれていたのでした。

 

私達がお邪魔してしまったので、少し居心地がわるそうでしたが><

でも、ご家族が笑顔で大変嬉しかったです!

 

U様、ありがとうございました!

 

高知県(高知市,南国市,土佐市)周辺でのリフォームは、ハートリフォームにお任せください!
ハートリフォームのホームページへはこちらから

完成! 【浴室・トイレ他リフォーム工事】 高知市春野 Ka様邸 5

 こんにちは!ハートリフォームです。

以前の日記の記事はこちらから↓ 

折り返し 【浴室・トイレ他リフォーム工事】 高知市春野 Ka様邸 4

 

前回の日記で、ほとんど完成に近かったのですが、お風呂の写真などを乗せて見ます。

いままで、離れのお風呂に入っていましたが、これで家の外にでることなくお風呂に入ることができるようになりました。

お孫さんと一緒に入るときも安心なのではないでしょうか?

でも、前のお風呂もお孫さんにとっては、良い経験になったと思います^^

 

今回、私が「これは良い!」と思っているのが、この写真の部分です。

実は、今回、お風呂を普通の7畳間のお部屋に設置したのですが、掃き出し窓の部分にユニットバスを置くことになりました。

 

でも、ユニットバスに掃き出し窓を付けるわけにはいかず、腰窓に変えないといけないのですが、通常なら掃き出しまどを取り外し、腰窓を大工工事でつけないければいけません。

そうすると、外壁も工事することになったり、内装も手を入れることになったりで、結構工事費がかさんでしまうんです。

雨漏りもしないように中途半端な工事ではできません。

 

そこで、サッシ屋さんに相談すると、いまの掃き出しの下半分をパネルをはめ込み、上半分を腰窓を取り付けるアイデアを出してくれました!

これにはびっくり。

見た目は無骨かもしれませんが、しっかりと雨漏りのすることのない工事が安価でできました。 

 そうして、最後に離れのトイレと浴室の解体です。

いままでお疲れ様でした。

 

解体すると、母屋の南側に建っていたので、光が母屋にいっぱい入るようになっていました。

嬉しい副産物です。

 

Ka様も大変喜んでくださって、私達も嬉しかったです。

 

Ka様、ありがとうございました。

 

 

 

高知県(高知市,南国市,土佐市)周辺でのリフォームは、ハートリフォームにお任せください!
ハートリフォームのホームページへはこちらから

トイレを使いやすく・・・【トイレリフォーム工事】 高知市若草南町 Ko様邸

こんにちは!ハートリフォームです。

 

今回は以前私達に工事をご依頼してくださった方のお母様からのご依頼です。

以前の工事内容は、下から見れます。

完成しました。 高知市秦泉寺 Ko様邸 3

 

いやあ、やっぱり、以前工事させていただいた方から再度工事を頂いたり、親類やお友達から紹介されたからとお話を頂くのはすごく嬉しいです^^

 

そういう場合は、いつも一生懸命プラン作りや工事をさせて頂いていますが、よりいっそう気合が乗ってくるというものです!

 

 工事前のトイレです。

5~6年前に元々の和式トイレから洋式に工事をしたとのことですが、今回よりトイレを使いやすくしたいとのご希望でお話を承りました。

 

実は、元和式のトイレによくあることなのですが、洋式トイレにしたら、トイレの部屋のスペースが全然足りなくて、すごく窮屈なトイレになってしまうことがあるんです。

Ko様のトイレもそうでした。

当時の施工会社さんはそれでもよく考えてくれて、斜めになっている洋式トイレが付いていました。

でも、できてみると、逆に斜めなので脚がつっかえたり、斜めに据わらないと体が入らなかったり・・・

 

そこで、今回は私が知っている中で、一番機能が揃っていて、なおかつ一番小さい、でも座るところは十分広いという夢の洋式トイレに交換することにしました。

INAXのサティスというタンクレストイレなのですが、私はスペースが限られるトイレには大体これをお勧めしています。

 

それと、そのINAXサティスでもいまの広さでは大柄な人だと前脚が扉代わりのアコーディオンドアに引っかかってしまうかもしれません。

そこで、アコーディオンドアも外側にずらし、いまの出入口の片方の袖壁をはずして、トイレ空間そのものも少し広げようとKo様と相談しました。

工事途中です。

通常は、タイル床はそのままタイルで床を作るのですが、今回はKo様と相談してクッションフロアーにすることにしました。

なので、木の床が下地になっています。

 完成写真です。

トイレが綺麗に収まっているでしょう?

綺麗になったと、お母様も喜んでくれていました。

 

この手洗いもINAXですが、カタログによっては載っていない商品です。

スペースを取りたくない時に便利な大きさなのと、手を手洗いの中にすっぽりと収めて洗えるから飛び散りにくいので、これも私のお気に入りです。 

 これは、TOTOのアームレストです。

周りがタイルですし、転んだら危険なので、こういう支えはあればあるほど安全だと思います。

ただ、取り付ければ取り付けるほど、必要ない人にとっては邪魔になるのも確かです。

このアームレストは折りたためるので、その点は安心です。

 

Ko様、ありがとうございました。

 

高知県(高知市,南国市,土佐市)周辺でのリフォームは、ハートリフォームにお任せください!
ハートリフォームのホームページへはこちらから

綺麗な屋根 【瓦屋根シリコン塗装工事】 いの町 K様邸

こんにちは!ハートリフォームです。

 

暑い日が続きますね。

でも、晴れが続くわけでもなく、雨が降ったり止んだり・・・

 

外壁塗装そのものには問題はないんですが、工期的には非常にやりにくい天候が続いています。

 

そんな中、梅雨明けに着工していた、いの町のK様邸の瓦屋根の塗装工事がやっと終了いたしました!

 

本当は梅雨前に施工できれば一番良かったんですが、時期的になかなかそうもいかず、梅雨明けに着工したのですが・・・

 

晴れている日はいいんですが、台風が来たり、雨が1日置きに振ったりと、天候にかなり振り回されてしまいました。

私達や、職人としては、実は雨が降っていても、工事が早く終わるほうが助かるんです。

なので、雨が降った翌日にすぐに施工する塗装屋さんもいますが・・・

 

私達は、K様に了解を頂いて、雨の翌日は屋根の水分を乾かす日にしていました。

雨が止んだように見えても、屋根の表面や隅には水分が残っていて、そこに塗装してしまうと、後々塗装の持ちが悪くなってしまうからです。

 

今回、せっかくシリコンという良い塗料を使ったのですから、作業も良い状態で終わらせたかったのです。

 

施工前のK様邸の屋根です。

以前、ご主人様が息子様に手伝ってもらいながら、ご自分で塗られたそうです。

初めてにしては、良く塗られていると思います。

ですが、実は、プロの職人の技は、塗った後の持ちに差が出てくるんです。

K様邸も、残念ながら3~4年程度で塗装が痛み始めたそうです・・・ 

 

それで、今回私達にお声がかかったのです。

ただ、問題は、塗装というものは、以前の塗装の上に塗り足していくのが普通です。

ということは、新しい塗装の下の現在の塗装の状態も新しい塗装に影響を与えるんです。

一般的に、素人の方が塗った塗装は、器用な方なら綺麗な表面塗装はできますが、塗料の食いつきが弱いことが多いのです。

なので、今回、実際に現在の塗料の食いつきが悪いかどうかはともかく、腕の良い職人さんに作業に入ってもらうことが最優先でした。

足場を組み終わったところですね。

まだ塗装はしていません。

この後、台風が来るというので、シートをたたんだりと台風対策が大変でした・・・。

でも、台風も無事乗り越えて

いよいよ塗装に入りました。

ご契約では、屋根だけの塗装がご希望だったのですが、追加で破風板の塗装も頂きまして、サービスでその他の木部も塗らせて頂いているところです。

 

そして、これが完成。

通常、瓦屋根は銀黒といわれる、銀色のちらちら光るものが入った黒色を使うのが一般的ですが、今回はK様のご要望で、ナスコンといわれる、濃い青を採用しました。

完成してみると、思っていた以上に綺麗な色で、K様も大満足でした。 

 

これは、足場を外す前に上に上って撮った写真ですが、綺麗な色でしょう?

表面もつるつるに塗れていて、職人さんも足がすべると言っていました(笑)

この艶と滑らかさが、太陽の光と雨と風と汚れを寄せ付けずに、塗装の持ちにつながるんです。

 

K様、大変ありがとうございました!

高知県(高知市,南国市,土佐市)周辺でのリフォームは、ハートリフォームにお任せください!
ハートリフォームのホームページへはこちらから

無料見積もり・問合せ
無料見積ができます。
ホームページ
ホームページはこちらから